フェアリーS 2019 出走馬分析、考案

GⅢ

今回はフェアリーSの現時点での上位人気馬の考案記事を書いていきます。

現時点での予想オッズ

1  アクアミラビリス  2.2

2  レーヴドカナロア  3.0

3  アマーティ     5.1

4  フィリアプーラ   9.4 

10倍以下はこんな感じです。

レース傾向としてはここ数年関東馬が連勝中。関西馬の勝利は2009年のジェルミナルが最後ですね。

また荒れるレースとしての印象があります。伏兵馬探しも重要になりそうですね。

アクアミラビリス

2016年のエリザベス女王杯の勝ち馬、クイーンズリングの半妹。

前走の新馬戦ではスタートこそイマイチだったが、二の脚ですぐに2番手を確保。ドスローの上がり勝負を余裕のある勝ちっぷり。

血統面でも父ヴィクトワールピサなら中山コースも問題ないか。

最終追い切りも馬なりで軽快な動きにみえました。

関西馬なのと馬体が小さいのはマイナス要素でしょうか。

レーヴドカナロア

兄弟にはGⅠ馬レーヴディソールを始め重賞勝ち馬が3頭いる良血馬。

デビュー戦も素質だけで勝った感じ。前走もあまり褒められた内容ではなく大敗。

血統面は申し分なしではあるか。

最終追い切りは可もなく不可もなくな印象。

関西馬、乗り替わり、1600m以上のレース経験がない等、マイナス要素の方が多いか。

アマーティ

デビュー戦をメンバー最速の上がりで快勝。前走の重賞も勝ち馬には離されたけど3着は確保。渋とさはみせた。

父ルーラーシップは中山コースは問題なし。

最終追い切りはかなり良くみえました。

軽度の骨折での休み明けな点は気にはなるけど、追い切りの動きからは問題ないかなと。

フィリアプーラ

半兄に2歳GⅠ勝ち馬のアルフレードがいますね。

デビュー戦は3着、しかし上がりは最速タイでした。前走の未勝利戦は上がり最速で勝利。同距離同コースで勝ってきたのは良いと思います。

父ハービンジャーは中山1600mの勝率は高め。

最終追い切りは余裕もありそうな動きでまずまずな印象。

展開さえ向けば好走出来そうな1頭。

GⅢ考案重賞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kizuna

もっとも長く続いている趣味が競馬。毎週末の楽しみもそうだけど、週中の考案も楽しいものです。気楽に毎週末の中央競馬の予想、考案をしていければと思っています。

Kizunaをフォローする
Kizunaをフォローする
気楽屋競馬

コメント