京都新聞杯 2019 予想

GⅡ

京都新聞杯 2019

出馬表

① オールイズウェル  牡3 56.0 藤岡佑

 ヴァンケドミンゴ  牡3 56.0 藤岡康

 ロジャーバローズ  牡3 56.0 浜中

 ブレイキングドーン 牡3 56.0 福永

 ナイママ      牡3 56.0 柴田大

 サトノソロモン   牡3 56.0 アヴドゥラ

 タガノディアマンテ 牡3 56.0 松山

 ハバナウインド   牡3 56.0 岩田康

 フランクリン    牡3 56.0 北村友

 ヤマカツシシマル  牡3 56.0 幸

 トーセンスカイ   牡3 56.0 武豊

 レッドジェニアル  牡3 56.0 酒井

 ヒーリングマインド 牡3 56.0 池添

 モズベッロ     牡3 56.0 藤井勘

スポンサーリンク

最終追い切り評価

個人的な最終追い切り評価ベスト3です。

1 ⑪トーセンスカイ

2 ⑨フランクリン

3 ⑭モズベッロ

↓各馬の最終追い切り評価記事はこちら↓

京都新聞杯 2019 最終追い切り評価
京都新聞杯 2019の個人的な最終追い切り評価記事です。
スポンサーリンク

予想

◎ ②ヴァンケドミンゴ

500万条件で連敗中ではあるが前々走はスローを最後方からの追走で良く追い込んだものの2着。前走は直線不利を受けて追えずの4着。スムーズであればという感じで力はあるはず。追い切りからも状態は良さそうに思えるし、中山より京都の方が向いていそうだし、内枠からスムーズに立ち回れれば勝つチャンスはあるはず。

○ ⑦タガノディアマンテ

出走メンバーを見ても力は上位。毎回終いは確実に良い脚を使える。枠も真ん中で丁度良いし、追い切りの動きからも引き続き順調そう。京都コースに替わるのも良い。

▲ ③ロジャーバローズ

この枠なら番手からスムーズに競馬が出来そう。切れる脚はないが京都の下り坂を活かしてある程度早めに動いて押し切る競馬は得意そう。遠征もない今回は力を出し切れるはず。

☆ ⑬ヒーリングマインド

ややズブい印象も最後までしっかり伸びきれるタイプ。休まずレースを使っているが中間も至って順調そう。最終追い切りもパワフルな走りは見せていたし展開次第で上位争いも十分可能。

以下同評価で△

④ブレイキングドーン

⑨フランクリン

⑪トーセンスカイ

 

少しでも皆さんの予想の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました♪

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング
GⅡ予想考案重賞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kizuna

もっとも長く続いている趣味が競馬。毎週末の楽しみもそうだけど、週中の考案も楽しいものです。気楽に毎週末の中央競馬の予想、考案をしていければと思っています。

Kizunaをフォローする
Kizunaをフォローする
気楽屋競馬

コメント