天皇賞(春) 2019 予想

GⅠ

天皇賞 2019

出馬表

① チェスナットコート 牡5 58.0 坂井

 エタリオウ     牡4 58.0 Mデムーロ

 リッジマン     牡6 58.0 蛯名

 ヴォージュ     牡6 58.0 和田

 メイショウテッコン 牡4 58.0 福永

 カフジプリンス   牡6 58.0 中谷

 グローリーヴェイズ 牡4 58.0 戸崎圭

 パフォーマプロミス 牡7 58.0 北村友

 ユーキャンスマイル 牡4 58.0 岩田康

 フィエールマン   牡4 58.0 ルメール

 ケントオー     牡7 58.0 幸

 クリンチャー    牡5 58.0 三浦

 ロードヴァンドール 牡6 58.0 横山典

スポンサーリンク

最終追い切り評価

個人的な最終追い切り評価ベスト3です。

1 ②エタリオウ

2 ⑩フィエールマン

3 ⑫クリンチャー

↓各馬の最終追い切り評価記事はこちら↓

天皇賞(春) 2019 最終追い切り評価
天皇賞(春)2019の個人的な最終追い切り評価記事です。
スポンサーリンク

予想

◎ ⑩フィエールマン

瞬発力とトップスピードならこのメンバーでも抜けた存在ではあるはず。菊花賞はスローの瞬発力勝負がこの馬に向いたのは確かではあるが、馬群の中でしっかり我慢出来ていた事を評価したい。折り合いもつくし加速した時のフォームは一流馬の走り。能力で勝ちきると信じてみたい。

○ ⑦グローリーヴェイズ

追い切りでは少し力んで走ってはいたが、元々レースではしっかり折り合える馬。どんなペースにも対応出来るし最後までしっかり走りきるタイプ。あまり崩れなさそうな印象を受ける。枠も真ん中で丁度良い。

▲ ②エタリオウ

最終追い切りの動きからは前走より確実に状態面は上がっていそう。早めに動いても勝ちきれないし、溜めても勝ちきれないが確実に馬券に絡んでくるのは力はある証拠。元々折り合いもつくしスタミナもある。今回も勝ちきれないところはありそうも馬券には絡んできそう。

☆ ⑬ロードヴァンドール

最終追い切りはまずまず動けていて状態面は問題なさそう。鞍上込みでレースの鍵を握りそうな馬。動きたい時に動けそうな外枠も良さそう。前での残り目がありそうなのはこの馬が一番可能性はありそう。

以下同評価で△

⑤メイショウテッコン

⑥カフジプリンス

⑨ユーキャンスマイル

 

少しでも皆さんの予想の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました♪


最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング
GⅠ予想考案重賞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kizuna

もっとも長く続いている趣味が競馬。毎週末の楽しみもそうだけど、週中の考案も楽しいものです。気楽に毎週末の中央競馬の予想、考案をしていければと思っています。

Kizunaをフォローする
Kizunaをフォローする
気楽屋競馬

コメント