天皇賞(秋) 2019 予想

GⅠ

天皇賞(秋) 2019

 

① カデナ

前走、新潟記念GⅢで3着。このところ持ち前の終いの脚をきっちり使えるようになってきている印象。追い切りでも身体をしっかりと使って走れていたし、この馬としての状態自体は悪くないと思う。それでも勝ちきれないレースが続いているところを見ると今回の一線級相手では能力的にどうかなという印象。

② アーモンドアイ

前走、安田記念GⅠで3着。前走はスタート直後の不利、道中も閉じ込められて後手を踏む競馬になっての敗戦。それでも大きな気性の乱れは見せなかったしその点は流石。前残りの展開の中で最後はこの馬らしい末脚をみせていた。最終追い切りの動きもこの馬らしい素直な走りで状態面も良さそう。ある程度スムーズ展開なら信頼度は一番。

 ケイアイノーテック

前走、毎日王冠GⅡで9着。前走はそれほど無理せず先行策が出来ていたところは良かったが、直線はジリっぽくしか伸びず。追われてから頭の上がるところが見られるし、ズブさも見せてきている印象。今回の一線級相手では厳しいとは思う。

 スワーヴリチャード

前走、宝塚記念GⅠで3着。スタートで後手を踏んで少し強引に前目に付けて早め早めの競馬で前を捉えきれずの3着。競馬が不器用でスムーズな競馬がなかなか出来ずも上位に来るところは能力が高い証拠。右回りはモタれるが左回りだとその点も見られないし、上手く回って来れればといった印象。

 アエロリット

前走、毎日王冠GⅡで2着。マイペースで逃げてこの馬のレースは出来た。勝ち馬の能力が一枚上だった印象。直線も他馬に並ばれてから一伸びしてしっかり抵抗していたし、内容的には良い内容だった。最終追い切りの動きからも状態は良さそうだし、枠も内目で悪くない枠。今回も気分良く逃げての自分の競馬には持ち込めそう。

 ユーキャンスマイル

前走、新潟記念GⅢで1着。中距離でも長距離でもきっちり折り合って終いの脚が使えるのが良いところ。前走も中団後方でしっかり折り合って最後も伸びきっての勝利。大崩れしないタイプではある。2000mよりは長い距離の消耗戦向きではあるかなとは思う。

 スティッフェリオ

前走、オールカマーGⅡで1着。前走はハナをきってマイペースで運んでの逃げ切り。馬も頑張ったし鞍上の好騎乗も光った。気性的に素直な方で出して行っても掛かるところがないのは武器。決め脚はこのメンバーに入ると劣ってしまうのでスローの瞬発力勝負にならなければといった印象。

 マカヒキ

前走、宝塚記念GⅠで11着。勝負どころまでは馬もきちんとついて行くし、折り合いもついて悪くない。最近はどうしても勝負どころで馬が加減してついて行けないところを見せてしまっている印象。最終追い切りではしっかり動けているし悪くはないが、以前のような迫力が感じられず。

スポンサーリンク

 ダノンプレミアム

前走、安田記念GⅠで16着。前走はスタート後の接触で序盤掛かってしまったところは敗因のひとつ。馬が気分を害してやめてしまったにしても、少し負けすぎなところは気になる。最終追い切りの動きも良い時に比べると物足らない印象はあったし、有力馬の中では評価は低め。

 サートゥルナーリア

前走、神戸新聞杯GⅡで1着。休み明けの前走はスローでもきっちり折り合って自分の力を発揮出来ての完勝。気性の危うさはまだ少なからずあるが、きっちり折り合えば能力的には勝ち負け出来るものがある。追い切りでもその点は気をつけながらこなしていたし、十分に折り合って消化も出来ていた。距離面でも一番力は発揮出来そうな印象だし楽しみ。

 ゴーフォザサミット

前走、オールカマーGⅡで6着。無理なく先行出来るタイプではあるが、どうしても勝負どころで反応が悪く直線もジリジリとしか伸びない印象。レースでは自分からやめてしまう面が目立つが、追い切りでは自分から走ろうとするところは見せていたと思う。

 ドレッドノータス

前走、京都大賞典GⅡで1着。前残りの展開でインの番手で折り合って進めて直線抜け出す競馬で快勝。以前より気性面で成長しているところは感じられる。最終追い切りも実戦を想定して馬の後ろで折り合って抜け出す形も伸びずチグハグな内容。力的にも見劣りするし、あまり良い印象はなく。

 ランフォザローゼス

前走、毎日王冠GⅡで5着。最近はレースで掛かるところが出てきていて、以前のように出して行って先行する形が取りにくくなっている印象。馬具を着けて改善しようとはしているようだが、大きな効果があったようにも見えず。一線級相手に能力的に見劣る上に気性が危うい馬であるところからも厳しいかなとは思う。

 ワグネリアン

前走、札幌記念GⅡで4着。前走は道中折り合いを欠いていた印象でこの馬の悪い部分が出てしまっていた印象。前に馬を置いて折り合って運びたい馬だし、外枠なので先行策はとらなそう。最終追い切りではギリギリ抑えは効いていたし、動きはこの馬の良い時の動きではあった。このメンバー相手だと道中の消耗は最小限に抑えないとこの馬の能力でも勝つのは大変。乗り方次第だと思う。

 ウインブライト

前走、オールカマーGⅡで9着。この馬らしいスッと先行して折り合って運ぶレースは出来ていた。ただ勝負どころで全くついていけずの敗戦。直線も全く伸びず休み明けにしても少し不甲斐無い内容。最終追い切りでもまだ気持ちが戻りきってない印象もあるし、今回は舞台設定も向いているとは思えず。

 アルアイン

前走、宝塚記念GⅠで4着。前走は内で上手く立ち回っていたが直線はジリジリとしか伸びずといった印象。気性面で不安なところはあるタイプでぶっつけ本番は不安材料。切れもそれほどないし前目で早め早めの競馬がしたい。

↓各馬の最終追い切り評価記事はこちら↓

天皇賞(秋) 2019 最終追い切り評価
天皇賞(秋) 2019の最終追い切り評価記事です。

 

予想

◎ ②アーモンドアイ

○ ⑩サートゥルナーリア

▲ ④スワーヴリチャード

☆ ⑥ユーキャンスマイル

以下同評価で△

⑤ アエロリット

⑦ スティッフェリオ

⑭ ワグネリアン

 

少しでも皆さんの予想の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 


最強競馬ブログランキングへ

中央競馬ランキング
GⅠ予想考案重賞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kizuna

もっとも長く続いている趣味が競馬。毎週末の楽しみもそうだけど、週中の考案も楽しいものです。気楽に毎週末の中央競馬の予想、考案をしていければと思っています。

Kizunaをフォローする
Kizunaをフォローする
気楽屋競馬

コメント