弥生賞 2019 予想

GⅡ

弥生賞 2019

クラシック第1戦皐月賞に向けての前哨戦弥生賞。このレースやチューリップ賞などクラシックトライアルが行われるといよいよ春が近づいてきたなと感じますね。本番に向けてしっかりと各馬の実力を見極めておきたいところでもありますね。

出馬表

① ラストドラフト   牡3 56.0 ルメール

 ニシノデイジー   牡3 56.0 勝浦

 カントル      牡3 56.0 Mデムーロ

 サトノラディウス  牡3 56.0 武豊

 シュヴァルツリーゼ 牡3 56.0 石橋脩

 ヴァンケドミンゴ  牡3 56.0 ミナリク

 ラバストーン    牡3 56.0 江田照

 ブレイキングドーン 牡3 56.0 福永

 ナイママ      牡3 56.0 柴田大

 メイショウテンゲン 牡3 56.0 池添

スポンサーリンク

最終追い切り評価

個人的な最終追い切り評価ベスト3です。

1 ①ラストドラフト

2 ②ニシノデイジー

3 ⑥ヴァンケドミンゴ

↓各馬の追い切り評価記事はこちら↓

弥生賞 2019 最終追い切り評価
今回は弥生賞の最終追い切り評価について...

能力評価

個人的な能力上位ベスト3です。

1 ②ニシノデイジー

2 ①ラストドラフト

3 ⑧ブレイキングドーン

↓各馬の所見記事はこちら↓

弥生賞 2019 出走馬所見
今週末、日曜日に中山競馬場で行われるG...
スポンサーリンク

予想

◎ ①ラストドラフト

2戦目で重賞を勝ったようにポテンシャルは高い。最終追い切りの動きも良いし、競馬が上手な馬だし最内枠も歓迎。今回のメンバーはどうしても逃げたいような馬も見当たらず、小頭数で楽な競馬が出来そうでもある。そうそう崩れないはず。

○ ③カントル

素質はかなり高いと思う。今回本気で権利を取りに来ていると思うし、完成度では現状劣るかもしれないが折り合いにもあまり心配はないし力は出せそう。人気2頭の出を見ながら競馬を組み立てれそうな枠の並びも悪くない。

▲ ②ニシノデイジー

折り合いに不安はあるが終いは確実に伸びてくる。実績、実力ともにメンバー上位でもあるし、前走でこのコースを走っている事もプラス。賞金自体は足りているし折り合いに専念しそうな気もするので3番手評価で。

☆ ⑥ヴァンケドミンゴ

今回は逃げ馬不在のメンバー。この馬かナイママが逃げるのではとの予想から追い切りの良かったこちらの評価を上げてみたい。割りと前残り馬場でもあるし積極的に動いて行ければ早い上がりはなくても食い下がれる可能性も。

△ ⑧ブレイキングドーン

 

少しでも皆さんの予想の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました♪


最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング
GⅡ予想考案重賞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kizuna

もっとも長く続いている趣味が競馬。毎週末の楽しみもそうだけど、週中の考案も楽しいものです。気楽に毎週末の中央競馬の予想、考案をしていければと思っています。

Kizunaをフォローする
Kizunaをフォローする
気楽屋競馬

コメント