弥生賞 2019 出走馬所見

GⅡ

今週末、日曜日に中山競馬場で行われるGⅡ弥生賞。クラシック第1戦皐月賞のトライアルレース。早いものでいよいよ春が近づいてきたという感じがしますね。

今回は特別登録馬の主に近走からの所見を書いていきます。

 

特別登録馬 頭 50音順

ヴァンケドミンゴ

前走、葉牡丹賞 500万下7着。前走は内で溜めてはいたもののあまり切れる脚を使えるタイプではなさそう。早めに動いて押し切る競馬でどこまでやれるかという印象。

カントル

前走、セントポーリア賞 500万下1着。ダービー馬、ワグネリアンの全弟。流石良血馬、能力も素質がありそう。器用な競馬も出来ているし、まだ本気で走っていない感じもする。ここは本気で権利を取りに来ているだろうし注目の1頭。

サトノラディウス

前走、梅花賞 500万下1着。勝負所での反応がイマイチな印象。近走見ても広いコースでゆったり走らせた方が良さそうなレース内容だし、小回りの中山もあまり向いてなさそう。

シュヴァルツリーゼ

前走、2歳新馬1着。新馬戦はドスローの瞬発力勝負を制しての勝ち上がり。頭が高いのが気にはなったので久々のレースでどこまで馬が成長しているかといったところ。

ナイママ

前走、共同通信杯 GⅢ7着。メンバーレベルが上がるにつれて成績も悪くなっているし、能力的に厳しいのかも。今回はあまり魅力は感じない。

スポンサーリンク

ニシノデイジー

前走、ホープフルS GⅠ3着。折り合いに心配のあるタイプではあるがいつもしっかり最後は伸びてくるので力はある。気性面で成長が見られればなお良し。当然このメンバーの中では実力は上位。

ブレイキングドーン

前走、ホープフルS GⅠ5着。先行してスムーズな競馬が出来る馬。切れる脚を使うタイプではなさそうだが、自分の力は発揮出来るタイプに思える。大崩れはしなさそう。

メイショウテンゲン

前走、きさらぎ賞 GⅢ5着。良い末脚は持っているが現状力不足な印象。まだまだ馬が子供な感じ。中山コースもあまり向いてはなさそう。

ラストドラフト

前走、京成杯 GⅢ1着。前走はなかなかタフな展開のレースを2番手追走から押し切る強い競馬だったと思う。操縦性も高そうで安定して力を発揮しそう。前走で重賞を勝っているので前哨戦仕上げだとは思うが、本番に向けてあまり恥ずかしい競馬は出来ないところ。

ラバストーン

前走、黄梅賞 500万下10着。前走は先行するもペースが上がったところでついて行けずそのままゴール。この内容では厳しい。

 

いよいよクラシックに向けて競馬界も盛り上がってきました。どの馬が勝っても皐月賞に向けて面白くなりそうで楽しみですね。

少しでも皆さんの予想の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました♪


最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング
GⅡ出走馬所見考案重賞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kizuna

もっとも長く続いている趣味が競馬。毎週末の楽しみもそうだけど、週中の考案も楽しいものです。気楽に毎週末の中央競馬の予想、考案をしていければと思っています。

Kizunaをフォローする
Kizunaをフォローする
気楽屋競馬

コメント