弥生賞 2019 最終追い切り評価

GⅡ

今回は弥生賞の最終追い切り評価について書いていきます。

分かりやすいように、の4段階評価を付けておきます。

最終追い切り評価

ヴァンケドミンゴ

栗東 CW 良 2頭併せ

85.9-68.2-53.0-38.8-12.1 G前追 A

併せ馬の外側から直線に向いてから追い出されると好反応。しっかり最後まで集中して走っていたし、きれいなフォームで駆けていた。追い切り自体は良い印象。

カントル

栗東 CW 良 2頭併せ

83.9-68.0-52.6-38.9-12.1 G前追 A

併せ馬の内側から抑えも効いていたし、追い出してからの反応も良い感じに思えた。少し硬い走りには見えるがこの馬の走り方なのかなとも思うし悪い内容ではないかなと。

サトノラディウス

美浦 南W 良 2頭併せ

69.5-53.9-38.9-12.5 G前追 B

併せ馬の内側から折り合いもついていたしまずまずの動き。追われてからの反応もレースでのイメージよりは良いなと思えた。素質はありそうだし少しずつ良くはなってきている印象。

シュヴァルツリーゼ

美浦 南W 良 2頭併せ

69.8-54.0-39.6-13.6 馬なり C

併せ馬の内側から頭が高いというかずっと横を向いて走っていてそこがやはり気になる。新馬戦の時もレース中はそんな感じだったし、まだまだ幼いのかなという印象。

ナイママ

調教映像無し。

スポンサーリンク

ニシノデイジー

美浦 南W 良 単走

68.8-53.0-37.9-12.7 G前追 A

最終追い切りの動きは良い。1週前追い切りも良い感じに見えるし、最終追い切りも力強く最後までしっかりとした脚色で走っていた。状態は良さそう。

ブレイキングドーン

栗東 CW 良 2頭併せ

81.0-65.7-51.7-38.4-12.8 G前追 B

併せ馬の内側から時計は早いが動き自体は時計の割には平凡な印象。少し動きが重いのかなという感じ。

メイショウテンゲン

栗東 CW 良 2頭併せ

82.0-66.6-51.9-38.5-12.3 G前追 C

併せ馬の外側からなんとか併走馬に食らいついてはいたが、この馬なりかなという印象。走りも少し硬め。

ラストドラフト

美浦 南P 良 2頭併せ

65.5-51.0-38.3-12.1 馬なり S

併せ馬の外側から抑えはしっかり効いていたし、走りも素軽い感じで好印象。馬自身も気持ちがしっかり乗っているし、仕上がりは良さそう。

ラバストーン

調教映像無し。

 

少しでも皆さんの予想の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 


最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング
GⅡ考案追い切り評価重賞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kizuna

もっとも長く続いている趣味が競馬。毎週末の楽しみもそうだけど、週中の考案も楽しいものです。気楽に毎週末の中央競馬の予想、考案をしていければと思っています。

Kizunaをフォローする
Kizunaをフォローする
気楽屋競馬

コメント