菊花賞 2019 予想

GⅠ

菊花賞 2019

 

① ザダル

前走、セントライト記念(GⅡ)3着。前走はインで折り合って上手く立ち回って3着。最終追い切りの動きはこの馬らしい柔らかい走りで状態面は良さそう。最内枠でもあるし、前走同様インで我慢する競馬が理想。

② ニシノデイジー

前走、セントライト記念(GⅡ)5着。前走は折り合いに専念したのか、かなり後方からの競馬。結果は大外を回しての5着ではあったが、折り合いがついた点は収穫。今回ルメール騎手に乗り替わるが最終追い切りではしっかりコンタクトが取れていた。気性的に長距離向きとは思えないが、内枠で上手く壁を作って折り合えれば実力は足りる。

 カリボール

前走、京都1800mの清滝特別(2勝クラス)で1着。後方からしっかり折り合って脚を溜めてきっちりと差し切り勝ち。リズム良くレースを運べるタイプで決め脚もまずまず良いものを持っている。身体の使い方や直線モタれたりする幼いところも見られるが、能力的には十分通用しそうな印象。

 ユニコーンライオン

前走、神戸新聞杯(GⅡ)5着。前走は4コーナーの勝負どころでの反応も今ひとつ、上がりの速い競馬も向いてない感じでの敗戦。追い切りの動きは悪くないが、馬体もがっちりしたタイプだし長距離向きとは思えず。

 ワールドプレミア

前走、神戸新聞杯(GⅡ)3着。前走は折り合い重視で自分の競馬に徹して後方から。終いはしっかり脚を使っての3着。出して行くと掛かる危険はあるし、今回も折り合い重視の競馬にはなりそう。決め脚は確かなものがあるし、内目の枠で上手く前に壁を作って運べそうだし、前走ほど極端な競馬にはならなそう。上位に食い込んでくる可能性は十分ある。

 ディバインフォース

前走、札幌日刊S杯(2勝クラス)で5着。基本的に後方から進めて終いからジワジワ伸びて前を交わして行くタイプ。折り合いはつくし長距離は問題なしも実力的には足りない印象。このメンバーに入ると能力的に見劣りするし厳しそう。

 ヒシゲッコウ

前走、札幌2600m阿寒湖特別(2勝クラス)で1着。長い距離でも後方からしっかり折り合って脚は溜められるタイプ。3000mは全く問題なさそう。決め脚はそれほどでもないが、上手に競馬が出来るので力は出し切れるはず。立ち回りひとつで上位争いも十分可能な能力はありそう。

 メロディーレーン

前走、阪神2600mの1勝クラスで1着。後方から少しずつポジションを上げて行って差し切り勝ち。小さな身体で一生懸命走っているがやはり非力な印象。斤量差も今回はほとんど無いに等しいし厳しい戦いにはなると思う。

 ヴァンケドミンゴ

前走、中山2000mのレインボーS(3勝クラス)で3着。前走はそれなりに流れたレース展開を後方から。展開利はあったと思うがジワジワとした伸びだった印象。最終追い切りでもそういった動きに見えたし切れはあまりなさそう。折り合いはつくので長距離は大丈夫そう。

スポンサーリンク

 カウディーリョ

前走、札幌2000mのHTB賞(2勝クラス)で1着。気性面で少し難しいところは常にあるタイプ。最終追い切りでも右を気にして走っていたり集中力に欠ける内容だった。そんなに切れるタイプでもないし、3000mで折り合い不安なタイプだと強くは推せない印象。

 シフルマン

前走、神戸新聞杯(GⅡ)6着。前走は逃げる形になったが、しっかり折り合ってスローの展開にも持ち込んだ。それでも6着だったし実力的には足りない印象。切れるタイプではないし上がりの掛かる競馬でなら前進もあるかもといったところ。

 レッドジェニアル

前走、神戸新聞杯(GⅡ)4着。前走は4コーナーで前を早めに捕まえに行く積極的な競馬での4着。その分終いは甘くなったし休み明けの分もあったと思う。最終追い切りの動きからも状態面の上積みは感じられたし京都コースも実績あり。ここはチャンスのある舞台だと思える1頭。

 ヴェロックス

前走、神戸新聞杯(GⅡ)2着。前走は1コーナー進入のところで掛かるようなところはみせた。元々折り合いはつくタイプだし、最終追い切りでもしっかりと折り合えて気分良さそうに走れていた。実力は一番だし気分良く走れれば3000mもこなせはしそう。

 サトノルークス

前走、セントライト記念(GⅡ)で2着。春先は割とおっとりした競馬をしていた印象だったが、前走は素軽さが出てきてキビキビとした走りを見せていた。鞍上の指示にもスッと反応していたし成長は感じられる。元々折り合いはつくタイプだし長距離レースは問題なさそう。前走同様、積極的な競馬に期待したいところ。

 ホウオウサーベル

前走、新潟2200mの阿賀野川特別(2勝クラス)で1着。ここ2戦、2400m、2200mのレースで完勝。前に馬を置かなくても折り合えるので終いもしっかりとした脚が使える。競馬が上位なので大崩れはしなさそうなタイプ。力関係は未知数もチャンスは十分ありそう印象。

 ナイママ

前走、セントライト記念(GⅡ)で9着。最終追い切りの動きはいつも通りといった感じで状態面は悪くはなさそう。ここしばらくのレース内容を見ても早めスパートで動いて最後一杯になっているし実力不足ではあるかなという印象。

 タガノディアマンテ

前走、セントライト記念(GⅡ)で6着。前走は外外を回ってかなりロスのある競馬。それでも6着まで着は上げて来たし能力的には十分通用しそう。京都コースは向きと思うし、折り合いもつくタイプ。そこそこ切れる脚もあるし出来るだけロスも少ない競馬で前進に期待。

 メイショウテンゲン

前走、セントライト記念(GⅡ)で11着。春に弥生賞こそ勝ったもののその後はパッとしないレースが続いている。最終追い切りの動きもまだ重苦しい動きに思えるし、直線で他馬を交わして行ける末脚も見せれていない。今回も厳しそうな印象。

↓各馬の最終追い切り評価記事はこちら↓

菊花賞 2019 最終追い切り評価
菊花賞 2019 の最終追い切り評価記事です。

 

予想

◎ ⑫レッドジェニアル

○ ⑬ヴェロックス

▲ ⑤ワールドプレミア

☆ ②ニシノデイジー

以下同評価で△

①ザダル

⑮ホウオウサーベル

⑰タガノディアマンテ

 

 

少しでも皆さんの予想の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

 


最強競馬ブログランキングへ

中央競馬ランキング
GⅠ予想考案重賞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kizuna

もっとも長く続いている趣味が競馬。毎週末の楽しみもそうだけど、週中の考案も楽しいものです。気楽に毎週末の中央競馬の予想、考案をしていければと思っています。

Kizunaをフォローする
Kizunaをフォローする
気楽屋競馬

コメント