金鯱賞 2019 最終追い切り評価

GⅡ

金鯱賞の最終追い切りについて書いていきます。

分かりやすいように、の4段階評価を付けておきます。

最終追い切り評価

アルアイン

栗東 坂路 良 2頭併せ

51.4-38.0-24.7-12.3 G前追 B

1週前もびっしり追って来ていたが、最終追い切りも割りと強めに追って来た。力強さは感じるものの、少し反応は鈍いかなという印象。休み明けだなという感じは受ける。

エアウィンザー

栗東 CW 良 3頭併せ

89.6-72.0-55.4-40.4-12.0 馬なり S

1週前にしっかり追われていてこの時の動きも良い。最終追い切りは軽めの内容。操縦性の高そうな馬で追えばしっかり伸びそうで余力たっぷりな動き。状態はかなり良さそう。

ギベオン

栗東 CW 良 2頭併せ

80.0-64.7-50.5-37.3-12.1 G前追 B

併せ馬の内側から。追い出されてからは好反応。前走時に比べるとやや迫力に欠けるかなという印象。

サトノワルキューレ

調教映像無し。

ショウナンバッハ

調教映像無し。

スズカデヴィアス

調教映像無し。

タニノフランケル

栗東 坂路 良 単走

54.6-39.9-25.2-12.3 馬なり A

最終追い切りの動きは良い。軽めの内容も馬に気持ちが乗っていてパワフルな走りに見えた。追い切りからも馬の成長が感じられる。引き続き好調な感じ。

スポンサーリンク

ダノンプレミアム

栗東 CW 良 単走

86.9-69.4-53.5-38.2-11.3 G前追 B

1週前追い切りはこの馬本来の走りには見えず全体的に余裕を感じられない内容に思えた。最終追い切りはまずまずの動き。ラストは11.3と早いがこの馬なら当然なレベルの数字。まだ少し走りにぎこちなさを感じるところはある。

ペルシアンナイト

栗東 CW 良 2頭併せ

83.4-67.7-53.1-39.3-11.9 馬なり A

併せ馬の内側から。折り合い面で不安のある馬だがしっかり抑えは効いていたし、この馬らしいダイナミックなフォームで良く動けていた印象。

ムイトオブリガード

栗東 CW 良 3頭併せ

80.5-64.5-50.3-37.3-12.2 G前追 B

併せ馬の内側から。直線に入ってから少し寄れていたのは気にはなった。追われてからの反応はまずまずな印象。

メートルダール

美浦 南W 良 2頭併せ

83.8-67.8-52.8-37.9-13.0 G前追 C

併せ馬の内側から。頭も高いし追われてからの反応もいまいちな印象。いつもこんな感じの馬ではあるがあまり見栄えは良くない。

モズカッチャン

栗東 坂路 良 単走

53.1-38.2-24.6-12.4 G前追 B

最終追い切りの動きはまずまず。まだ少し走りに硬さが感じられるし、やはり休み明けだなという印象は受ける。

リスグラシュー

栗東 坂路 良 2頭併せ 

51.5-37.0-24.0-12.2 馬なり A

最終追い切りは良い動き。余力たっぷりな走りでダイナミックな動き。馬自身にも活気が感じられるし好印象。仕上がりは良さそう。

 

少しでも皆さんの予想の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました♪


最強競馬ブログランキングへ

人気ブログランキング
GⅡ考案追い切り評価重賞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kizuna

もっとも長く続いている趣味が競馬。毎週末の楽しみもそうだけど、週中の考案も楽しいものです。気楽に毎週末の中央競馬の予想、考案をしていければと思っています。

Kizunaをフォローする
Kizunaをフォローする
気楽屋競馬

コメント