鳴尾記念 2019 最終追い切り評価

GⅢ

鳴尾記念の最終追い切りについて書いていきます。

分かりやすいように、の4段階評価を付けておきます。

スポンサーリンク

最終追い切り評価

ギベオン

栗東 CW 重 単走

83.7-67.0-52.1-38.2-11.8 G前追 B

最終追い切りの動きはまずまず。前走より気持ちも乗っているし追われてからもしっかり反応していた。状態は悪くはなさそうな印象。

サンデーウィザード

栗東 坂路 重 単走

53.3-38.7-25.0-12.2 馬なり C

気持ちは乗っているのは良いが馬場が堪えたのか少しバタバタして余裕のない走りに思えた。

ステイフーリッシュ

栗東 坂路 重 2頭併せ

53.0-38.9-25.3-12.6 強め B

最終追い切りの動きはまずまず。追われてからズブいところは相変わらずも最後までしっかりしたフォームで走れていた。集中して走れていたし、力は発揮出来そうな印象。

タニノフランケル

栗東 坂路 重 2頭併せ

52.6-38.1-24.4-12.1 強め A

最終追い切りの動きは良い。気持ちも乗っているし走りもパワフル。手応えにもまだ余裕もありそうだったし好調そうな印象。

ノーブルマーズ

栗東 CW 重 単走

51.9-38.0-11.7 G前追 B

気持ちは前向きで抑えもしっかり効いていた。追われてからも良い反応でしっかりとした伸び脚。フォームは綺麗ではないがこの馬なりにしっかり身体は使えていた印象。

スポンサーリンク

ブラックスピネル

栗東 坂路 重 2頭併せ

52.4-37.8-24.8-12.8 一杯 C

併走相手はインディチャンプだし遅れは仕方ないところ。ずっと右を向いて走っていたし馬場も堪えていた様子であまり良い動きには見えなかった印象。

ブラックバゴ

美浦 南W 重 単走

81.8-66.3-52.2-38.2-13.1 一杯 B

最終追い切りの動きはまずまず。頭も高いし身体の使い方も上手くないがそこはいつも通り。気持ちは前向きでこの馬なりにしっかり走れているし状態は悪くはなさそうに思える。

プラチナムバレット

栗東 CW 重 2頭併せ

80.6-64.4-50.3-37.9-13.0 強め C

併せ馬の内側から。全体時計は速めも最後は失速気味。脚捌きも硬いし走りも小さい。あまり良い印象は受けなかった。

メールドグラース

栗東 CW 重 単走

73.3-56.5-40.9-12.6 馬なり A

最終追い切りの動きは良い。リラックスした走りで気負わず走れていた印象。身体も使えているし引き続き好調キープといった印象。

 

少しでも皆さんの予想の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました♪

POG 2019-2020に向けておすすめのPOG本&血統本


最強競馬ブログランキングへ

中央競馬ランキング
GⅢ考案追い切り評価重賞
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kizuna

もっとも長く続いている趣味が競馬。毎週末の楽しみもそうだけど、週中の考案も楽しいものです。気楽に毎週末の中央競馬の予想、考案をしていければと思っています。

Kizunaをフォローする
Kizunaをフォローする
気楽屋競馬

コメント